一部は理解していた金沢の割り切り

事故直後、米海軍と弁護士が作成したプレスリリースが「謝罪」ではなく「後悔」と述べていることを知り、複雑な気持ちを表明した。 「質問したのですが、

 

金沢 〜割り切り出会い掲示板【情報】

 

最高の言葉だと言われ、そのままにしてしまいました。間違いでした。」金沢の割り切り

事故後、遺族は直接謝罪しなかったワドル氏に憤慨し、関係者は日米の文化の違いだと感じていた。私は何が重要かを完全に理解しました。 「」金沢の割り切り

3月に実現した直接の謝罪の時に、被害者である中田睦の妻、直子から20年以上にわたって受け取った手紙に返信しました。 「私の行動はあなたとあなたの夫の子供を奪いました。本当にごめんなさい。」 「中田さんの子供は25歳と20歳でなければなりません。お父さんがヒーローだったことを子供に知ってもらいたいです。」

金沢の割り切り青森県三沢基地で生まれ、日本に特別な気持ちで育ち、事故で「私の一部が亡くなった」と書いた。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です