石川出会いを予感するかのようでした

少なくとも物事を比例させてほしい。
「石川出会い」
地元のFM局。ランチタイムのワイドプログラムで佐田正史を特集しました。サダさんの曲は長いことが多く、フルコーラスで演奏できませんでしたが、今回はすべてフルコーラスです。
番組の石川出会いの曲は「風の中のライオン」です。この曲をもとに、小説と映画が同じタイトルになっています。

このそよ風に立っているライオンの一人は、「私たちの国はがっかりですが、私たちは重要な場所で道路を間違えたようです」と言っています。さださんが歌詞を書いたのは、33年前、まるで現在を予感するかのようでした。間違えた場合、石川出会いはそれをしなければなりません。すぐにできなくても、一人一人が意識して進んでいけば、少しずつ正しい方向に動けるかもしれません。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です