通過して興味があった石川の出会い

私の祖父はクラスAの戦争セフレ者として処刑されました

松井岩根は日本陸軍将軍の友人でした

石川の出会い戦後、極東国際軍事裁判( 裁判)

7人が処刑された

東条秀樹もその一人です。

敗戦国は悪で勝利国は正義を前提とした裁判

処刑された人々の7つの灰は様々なルートを通過します

祖父の下に達する石川の出会い

当然このようなことに興味があります

まず、松井将軍は日文の偉大なアジア主義に共感した。

祖父から聞いた話は初骨壷が100%石川の出会い

それはにありました

そっと隠す

時間が経過してる

OBになった大磯に住む吉田茂の協力で

ある場所に石碑がある(吉田茂作詞)

殉教者の七つしのひ碑七人の深い森

近衛師団遺跡での宮城事件(クーデター失敗)

静かにして

まだ眠っている

石川の出会い当然、私は東条秀樹の孫です

亡くなった東條優城は知り合いだった

東條優子に昔聞いた

祖父が石碑を建てる前に灰を確認したとき

灰の100%が70%に削減されました

名瀬!いつ

「私は今の時代なので、残りの30%を7世帯で割ったと言えます。」

松井淑人がその一部を持ち帰った

松井のふるさと愛知県へ

富士山にあります。愛知県三ヶ根

殉教者の寺院の30%は7つの家族で分けられています

石川の出会い現在まで

この時代の緊急時に多くの虚偽が隠されている

日本は何か間違ったことをした…

世界を見ましょう

第二次世界大戦中、白人の支配下にあった

アジアのコロニーは現在存在しません

戦争には善も悪もありません、すべての結果

白人による世界支配は終わりました

この風邪緊急事態

「日本語の学位がテストされたとき」

焼夷弾は落ちない

私が気にしているのは

日本の動きとアメリカの動き!

写真はトランプが1年前に日本に来たときです石川の出会い

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です