出会いは梅雨の終わりから石川で続けている

梅雨の終わりから9月末まで咲く花。
「百日紅」という名前は、何百日も咲き続けていることに由来しています。赤に加えて、花は白と紫です。
この名前は、トランクの出会いが滑らかで、「サルもスライドする」という事実に由来しています。

出会いについて知らない
(新田美智子)
多年生の木の幹の肌の感触で非常に興味深い俳句。
石川 出会い

百日間の俳句は、多くの場合、赤い花、葬儀などに関連しています。

多年生の花には4つの単語があり、そのうちの1つは「あなたを信じて」です。
出会いが百日後に恋人と再会しようとしたとき、恋人は死にました。
恋人が埋葬された場所から多年草が育ったという話があり、「あなたを信じて」という言葉が生まれたようです。

この話を知って、サルが咲くのを見て、誰かがそれを忘れていたのではないかと思います。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です